マーシャルの思考

このブログでは、毎日必ず日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルをアウトプットとして書いています♪

朝活を行うために必要なこと

f:id:kingsman0014:20190114184851j:plain

どうも、マーシャル( @ Marshall_0014)です。

 

 

ぼくは最近プログラミングにハマっています。

 

 

だけど普通に仕事をしてるから時間がないんだよね。

 

 

帰ってきてシャワーを浴びたりしていると18時半になっていたり。

 

 

そして一人暮らしなので家事をしなければいけない。

 

 

料理と洗濯。これって時間とられるんだよね。

 

 

そうなると結局一日にプログラミングを勉強できる時間は3時間ほど。

 

 

だけどもっと勉強したい!

 

 

こんな時にやるのが「朝活」

 

 

しかしそんな早く起きれない。

起きれても寒くて動けない。

 

 

そんな人のために、確実に朝活を行う方法を考えた。

 

 

では、話していきます。

 

 

確実に早く起きる方法

 

先にぼくの睡眠時間を言っておくと、23時30分から4時30分まで寝てる。

 

 

つまり睡眠時間は5時間。正直5時間あればいける。

 

 

なんだったらまだこれよりも減らします。

睡眠時間を減らして時間を有意義に使う方法 - マーシャルの思考

 

 

こんな朝早く起きるのは「気合い」はもちろん必要だけど、寝る時間に気を付ければ意外と起きられるということに気がついた。

 

 

ぼくは23時30分に寝ると言っていたけど、そういうことです。0時より早く寝るだけ。

 

 

つまり0時に寝て5時に起きるより23時30分に寝て4時30分に起きる方が起きれるのだ。

 

 

これはぼく個人の感想だけど、早く寝れば寝るほど早く起きれる確率が上がる。同じ睡眠時間なのにね。

 

 

だから夜はそんなに遅くまで頑張らずに、朝早く起きて頑張ろう。

 

 

しかも朝のほうが静かで集中できるよ!

 

 

少し話がそれたけど、確実に朝活ができる方法として軽くまとめたよ!

 

 

  • 遅くても23時半までには寝る
  • 冬の場合は起きる時間の30分まえから暖房をつけておく
  • アラーム設定しているものを手の届かないところに置いておく(立ち上がらないと取れない高いところ推奨)
  • 朝活をしないと罰ゲームというマイルールを作っておく
  • 気合い

 

さいごはやはり気合いですね。

 

 

本気なら誰だって朝活はできるはず。

 

 

大丈夫。できるよ。(西野さん風)