マーシャルの思考

日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルを書いてるよ♪

ビジョンを明確にして意志強く生きていこう

f:id:kingsman0014:20190222211703j:plain
やぁ、マーシャルだ。

 

 

本日の曲はこれだ!ぜひチェックしてくれ♪ 

Rockabye (feat. Sean Paul & Anne-Marie)

Rockabye (feat. Sean Paul & Anne-Marie)

  • Clean Bandit
  • ダンス
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 

人生において目標を持っている人は少ない。

しかし目標はなくてもビジョンを持つことは大事だ。

 

 

目標とビジョンの違いというのは一見あまりなさそうだが、決定的な違いが一つある。

 

 

それは目標は願望だが、ビジョンはそうなる道筋が見えているということだ。

つまり目標よりよりリアルなものなのだ。

 

 

もちろんビジョンが必ずしもその通りになるということではない。

しかしおおよそはその通りになる。

 

 

例えば一か月後。こうなっているだろうとだいたい予測がつくものだ。

一年後もおおよそ分かるだろう。

 

 

しかしビジョンには二通りある。

それは怠惰によるビジョンか努力によるビジョンか。

 

 

つまりなにもせず生きていこうとしているから予想がつきビジョンが見えているケースと、「こうなりたい」「こうなっているはずだ」「こうなってやる」と自分で未来を変えようとしてビジョンが見えているケースだ。

 

 

いうまでもないが後者のビジョンが見えているケースの方が良い。

というより自分でいっといてなんだが、前者のケースの場合はビジョンと言わないでほしい。

 

 

ビジョンと言うのは実はそんな簡単にはっきり見えるモノではないからだ。

これから夢をかなえようとしているとか、今まさに第一線で活躍していたりしようとしている状態の人が見えるものだ。

 

 

たいして何もしていない人や努力をしていない人が簡単にビジョンが見えているというのは少し違う気もする。

もちろんビジョンをみるのに決まりなどないし自由だ。

 

 

しかし公に語るにはよしておいた方がいい。

多くの人は自分は頑張っているというが、目の前の仕事を頑張っているからといって凄いわけではない。

 

 

それですごいというのなら働いている人全てすごい人であり、この世からすごいという概念はなくなるだろう。

そうではなく、大きなことを成し遂げようとしている、あるいは成し遂げた人がすごいのだ。

 

 

どんなことでもそうだが、誰でもできることは評価されない。

誰もできないことをすると人は評価するのだ。

 

 

革新的な発明や驚異的な記録達成などがわかりやすいだろう。

陸上のウサインボルトの100m走が9秒58という記録にたいして誰もがすごいと思ったはずだ。

 

 

これはスケールがとても大きいことだがそれくらいのレベルで努力をして成功を収めた人がすごいということだ。

 

 

話しがそれたが、ビジョンを明確に持つことはとても重要な事である。

少し先の事が全く見えていないのに人生がうまくいくことなんてありえない。

 

 

今はこれをやって一年後にはこうなるんだ。とビジョンを明確に持つと人は頑張れる。

未来の楽しんでいる自分を想像しよう。

そしてそうなりたければ努力するのだ。

成功者は当たり前にやっていることだ。

 

 

そして自分が今からやることについては意志を強く持つことが大事だ。

意志が弱いと人は大きな壁に直面した時に必ず挫折をする。

 

 

なにかにひたむきに努力していればそのような壁は何回だってあなたの前に立ちふさがる。

しかしその度にその壁をぶち破る強さが必要だ。

その繰り返しをしていれば気づいたときにはその努力は実っている。

 

 

まず自分のやりたいことに全力でコミットし、どこかのタイミングで一度将来のビジョンを明確にし、そうなるためにはどうするべきか逆算して向かっていこう。

最後まで意志を強く持ち続けた奴だけが生き残るのだ。