マーシャルの思考

日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルを書いてるよ♪

書くことがない?なに言ってんだ!

f:id:kingsman0014:20190130185332j:plain
やぁ、マーシャル( @ Marshall_0014)だ。

 

 

本日の曲はこれだっ!ぜひチェックしてくれ♪

You Suck At Love

You Suck At Love

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

ブログに書くことがない。と、困っている人をよく見かける。

 

 

ブログの事をググってみるとほとんどが、「自分の得意分野」「好きなこと」「誰かの役に立つ事」など、気難しいことを書いてある。

 

 

正直、初心者がそれを見たときに、想像をしづらいし自分には無理かもと思わせてしまう。

俺が実際そうだった。

 

 

「ブログを書くのは大変そうだ。考えてみても記事ネタが思いつかない」

 

 

こうなってブログを始めるか迷った。しかしとりあえずやってみることにした。

そしたら記事を書くにあたって何も考えずに書くようになった。

 

 

書きたいことを書いているだけでものすごく楽しい。

こう思えてきたのだ。

 

 

これで129記事目だが、今まで毎日続けられている。

 

 

最初の頃は役に立とうとばかり考え、かなり時間をかけて3000文字以上をせっせと書いていた。

初心者はこの3000文字という呪縛にも捉われてしまう。

それについてはこっちを読んでくれ↓

「ブログは3000文字書くものだ」と思い込んでいるから「時間がない」と勘違いしてしまう - マーシャルの思考

 

 

でもそういった一見決まりごとのように見えるブログ界の常識を捨てさろう。

ブログに絶対に正しい方法などない。

 

 

まさに千差万別。お前の好きなように書けばいい。

初心者なら特にそう言いたい。

 

 

なんだっていい。まずは好きに記事をいくつか書いてみることだ。

誰かの真似事でいい。文章は違えど、構成や書き方は丸パクリすればいい。

 

 

しばらく書き続けていればいつのまにか自己流を見つけ出している。

それに気づいたときにはお前はもうプロだ。

 

 

稼げるかは別としてとことん書くべきだ。

もちろん最初から最高の戦略を練って超工夫して書けば初月から爆発的なPVと収益を得ることだってできる。

 

 

しかしそのマインドでこれから毎日続けられるかと言ったらさぞ難しいことだろう。

そんなことをするにはSEOだって極めるべきだし、確実な想定読者を見極めなければいけないし、やることはたくさんある。

 

 

それでもブレずにやり続けられるというのであればそれは素晴らしい。

俺には到底無理だ。俺はその時に書きたいと思ったことしか書きたくないからな。

 

 

自由主義者とでも言っておこうか。

しかしこんな俺でも記事ネタは考えている。

 

 

と言っても他の人たちとは違い、2日ごとに寝る前に3つ記事ネタを考えるだけだ。

そしてその3つはほとんどが読んだ本だったり、好きな音楽だったり、この記事みたいに思ったことなど自分の好きなように書けるものばかりだ。

 

 

どうしても記事ネタが思いつかないなら、「記事ネタがない」という記事を書けばいいさ。はい、ひとつ記事が見つかったな。ブログなんてそんなもんさ。

1ヶ月も記事を書いてれば完全に慣れる。

 

 

記事ネタを考えずにふと「今日はこれを書こう」と頭に浮かんでくるようになる。

この記事だって、これを書こう。と思い書いているだけだ。ここまで書いて手は一回も止まっていない。

書きながら書きたいことがどんどん頭の中で出てくるのだ。

 

 

気付けばここまでで1240文字を書いている。

かかった時間は30分くらいだ。

 

 

内容はともかく30分でここまで書ければ上等だろう。

だからまずは1ヶ月続けよう。そうすればこのようにササッと1記事なんて書けてしまう。

 

 

毎日の生活の中で気づいたこと、思ったことを書けばいい。

別に日記だっていい。

書くことが楽しいと思えればなんにも苦じゃない。

 

 

毎日記事を書きたくなる。

誰が見ているかも知らないが、見てくれている人がいるのは数字が証明してくれている。

 

 

お前の記事は読まれる。必ずだ。だがそのためには"継続"が必要だ。

読まれないからといって手を止めるな。

必ず読んでくれる人が現れる。それまで辛抱強く耐えることができるやつが成功する。

 

 

むしろ読まれているかどうかなんて2週間に一回とか1ヶ月に一回確認すればいい。

まずは読まれているかより、書くことを好きになることが必須条件だからな。

 

 

頑張れ。大丈夫だ。