マーシャルの思考

このブログでは、毎日必ず日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルをアウトプットとして書いています♪

龍角散がなぜ効くのか知ってる?答えは4種類の成分にあった!

f:id:kingsman0014:20181211174814j:plain

どうも、マーシャル( @ Marshall_0014)です。
 
 
ただいま、のど風邪を引いておりましてのど飴なくして生活できません。
 
 

 

 

 

のどが痛すぎてつまらないツイートをしていました。

 
 
のどが痛いのって普通にしんどいですよね。
 
 
唾を飲むだけで痛いし、もちろんご飯を食べても痛い。
 
 
咳やあくびでも痛くて辛いですよね。
 
 
しかしのど風邪って基本的にその名の通りのどが痛いだけで、頭痛があっても多少痛い程度で耐えられないほどではありません。
 
 
なので病院も行かずのど飴だけ舐めてるって人が多いんじゃないでしょうか?
 
 
世の中にはのど飴や薬の種類は沢山あります。
 
 
しかしその中でも最も効くんじゃないかと信頼されている、というより実際に本当に効きめが強いモノがありますよね。
 
 
それが「龍角散
 
 
昔からこれが圧倒的に支持されています。
 
 
では、なぜ龍角散はこんなにも効くのか。
 
 
成分を調べてみて分かったことがありますので、短く分かりやすく解説していきます。
 
 
 

驚くべき龍角散のプロフィールをどぞ!

 
龍角散は非常に歴史の古い薬であり、原型は、江戸時代後期(文政年間)に佐竹藩御典医である藤井玄淵によって創製され、藩薬とされる。蘭学を学んだ2代目玄信が西洋の生薬を取り入れ改良する。
 
 
江戸時代のことが原型とは正直驚きました。
 
 
秋田藩の家伝薬として伝えられてきました。
 
 
龍角散の歴史は長いだろうとは思っていましたけど、ここまで長いとは想像をはるかに超えてきました。
 
 
 
創業は1871年。株式会社としては1928年に設立。「株式会社 龍角散」です。
そのまんまですが、かっこいい社名です!
 
 
ちなみに名前だけじゃなく会社もかっこいいです!

f:id:kingsman0014:20181211174940j:plain

 
 
また龍角散は中国では、神薬と呼ばれるほどの人気を得ているほどです。
 
 
確かに人気が出てもおかしくない感じがしますよね笑
 
 
そして龍角散のホームページにタメになるお得な情報が載っているので見てみてください↓
 
 
 

龍角散に含まれている成分

 

龍角散は、鎮咳去痰作用を活発にする生薬(キキョウ・セネガ・キョウニン・カンゾウ)のみを成分としたのど薬です。微粉末のキキョウ、セネガの有効成分サポニン配糖体が、のどの粘膜に直接作用します。衰えたのどの繊毛運動を活発にして、痰の排出を容易にし、咳を鎮めます。生薬独特のおだやかな効き目で、つらい症状を緩和します。

 

 龍角散の公式ホームページ

 

どうやらキキョウセネガキョウニカンゾウという生薬が龍角散の成分となっているんですね。

 

 

この生薬というのは、草や花です。

 

 

キキョウとセネガには痰を抑える効果があり、カンゾウには炎症を抑える効果キョウニンには咳を抑える効果があります。

 

 

粉末タイプの龍角散にはこれらのみの成分になっているそうです。

 

 

だから効き目が他のモノとは違うんですね!

 

 

自然のモノをそのまま使用することで人間の体に直接作用しやすいのでしょうか。

 

 

効果は抜群ですもんね!

 

 

飴やトローチなどには他の成分も含まれています。

 

 

飴には、ハーブをふんだんに使っており、他にもローヤルゼリーやプロポリスが配合されています。

 

 

のどの辛い痛みが和らぎます。

 

 

ちなみに僕が今舐めている飴はこちらの飴です。

 

 

 

 

龍角散って効き目がすごいので嬉しいんですがなんかどうしても、いかにも薬っぽいというかハッキリ言って美味しくないので我慢して舐めていましたが、これはミルクが含まれておりちょうどいい甘さなので美味しく舐められます♪

 

 

そして龍角散といえばこれじゃないですか?

 

 

 

水が不要でそのまま使用することができて便利ですよね!

錠剤タイプと違い、直接のどに作用するので効き目がはやいのでいざというときのタメに常備しといてもいいと思います。

 

 

あと僕自身は使用したことはないんですけど、こんなものもあります。

 

 

 

 

小さいお子さん用の薬ですね。

薬がゼリーで包まれているので、薬が苦手なお子さんもこれなら飲めそうです!

龍角散、革新的です!

 

 

龍角散のホームページにいろいろ情報が載っているのでぜひ見てみてください。

 

 

参考になれば幸いです♪

 

 

さぁ~龍角散のど飴舐めよう~っと。