マーシャルの思考

日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルを書いてるよ♪

正義感は人に押し付けている時点で正義ではなくなる

f:id:kingsman0014:20190217230336j:plain
やぁ、マーシャルだ。

 

 

本日の曲はこれだ!ぜひチェックしてくれ♪

アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

  • ウォルピスカーター
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

正義感を振りかざす人は意外と多いものだ。

もちろん正義とはいいことだ。

 

 

正義は人を助けることに繋がる。

しかし同時に人を傷つけてしまう特性もある。

 

 

なぜなら正義とは人によって違うからだ。

Aさんにとっては正義でも、Bさんにとっては迷惑なことがある。

 

 

そしてその正義を良かれと思ってSNSで堂々と行ってしまうのは本当によくない。

もちろんその正義に共感する人は多く、正しいことをしているわけなのだが、やはり一部の人間にとっては迷惑になる。

 

 

どうしても人間の価値観は統一できない。

一度迷惑なことをされると人はどうしてもその人の事を嫌いになってしまい、なにかいいことをされても迷惑なことを思い出してしまい、好かれることはなくなる。

 

 

しかしそこで心を許せる人もいる。

このように二つの種類の人間がいるわけで、この二種類の人間がぶつかり合い、SNSで討論がおこる。

 

 

その討論は皆お気づきだが、全くの無駄である。

そこでお互いに自分の想いをぶつけ合ったところで、なにも生まれないし次の日には忘れている。

非常に時間の無駄である。

 

 

正義感からここまで広がっていくわけだ。

これは正義感に限ったことではないが、SNSでかなりのバズを起こすものは大抵正義関係なのだ。

 

 

正義的なことをしても広めようとせず、自分の中でとどめておこう。

正義感を発表した時点でそれは正義ではなくなってしまうから。