マーシャルの思考

このブログでは、毎日必ず日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルをアウトプットとして書いています♪

【その1】「キンコン西野:新世界」まだ半分も読んでいないがどんな人も絶対に読むべき本と確信した

f:id:kingsman0014:20181225175018j:plain

どうも、マーシャル( @ Marshall_0014)です。
 
 
近年話題の人物。キングコング西野さんの本をやっと読み始めることができた。
 
 
西野さんは本をいくつか出しているがその中でも1番読みたかった本の、
 
 
「新世界」
 
 
これを読み始めました。
 
 
本にはだいたい、
 
「◯◯の人にはこの本がオススメです〜」とか、「この本を読むべき人は◯◯な人!」とかある程度決まっている感じですが、新世界は違う。
 
 
どんな人にも当てはまる。というかどんな人でも読むべきだと思う。
 
 
単純に読んでいて面白い。
 
 
タイトルにもある通り、まだ半分も読んでいませんが、どんな人も読むべき本と確信したので、ブログにてアウトプットする事にしました。
 
 
 

お金持ちの時代は終わり?現代は「信用持ち」

 
 
「個」の時代が始まっている中で、「信用」がこれから圧倒的に必要とされてきています。
 
 
このことは僕自身、前々から知っていてこのような記事も書いています↓

お金に困ってないうちに信用を稼いどけ【2019年の生き方】 - まーさらんどっ。

 

 
のですが実際のところ、簡単に信用と言っても具体的にどういうことなのか。
 
 
そういえば具体例をよく知らないなぁと思っていました。
 
 
確かに近年話題の「クラウドファンディング」や「polca」でお金を集めてちゃんと企画を成功させている人はたくさん見てきました。
 
 
でもなんかそうじゃなくて、信用による現ナマの受け渡しとか、お金ではない別のものでの還元など、そういう事をよく知らなかったのです。
 
 
と思っていて新世界を読んだら、ちょうど僕が求めている具体例が書かれていました。
 
 
本の内容なので、あまり詳しくは言えないのですが、「幸せホームレス」とでも言っておきます。
 
 
想像できます?「幸せホームレス」って。
 
 
ホームレスと言えばお金がなくて、言葉の通り家もなくて、つまり言い方は悪いですが汚らしくて、一般の人からすれば煙たがれる存在じゃないですか。
 
 
しかしそうじゃないホームレスの方がいたんです。
 
 
信用をとてつもなく持っているホームレスです。
 
 
つまり、「信用持ち」です。
 
 
お金はありませんが信用があるおかげですぐにお金が集まります。
 
 
結婚式の費用の300万くらいも、信用があるおかげで集めることができたのです。
 
 
そもそもホームレスが結婚⁈
 
 
こう思いませんか?
 
 
少しでも気になった方は読みましょう!
 
 
 
 
とにかくここまで読んで分かったことは、信用がどれだけの力を持っているのかという事。
 
 
信用はどんな事にも活かせるという事。
 
 
そしてなにより西野さんの思想の面白さです。
読んでいると常にワクワクを感じられます。
 
 
続く…♪