まーさらんどっ。

20代前半のメンズです!このブログでは、毎日必ず日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルを主に書いています♪

【白髪は抜いてはいけない!】なぜ白髪ははえるのか?白髪の原因と対処方法

f:id:kingsman0014:20181017175727j:plain

どうも、「まーさん」(@garyuublog)です。
 
 
僕は20代前半ですが、去年くらいから白髪がすごい増えてきて初めて会う人や久しぶりに会う人に必ずこう言われます。
 
 
白髪すごいね
 
 
自分では頭なんか鏡を使わないと見えないので言われるまで全然気づきませんでした。
 
 
しかし最近では前髪にも何本かはえてきて鏡を見るたびに白髪に目がいきます。
 
 
でもさほど僕は白髪を気にしていません。
 
 
ですがそれでも、なぜ白髪がはえるのか気になるので調べてまとめてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

白髪はなぜはえるのか

f:id:kingsman0014:20181017180019j:plain

 
白髪がはえるのにはよくストレスが原因だといわれますよね。
 
 
僕の周りの人の意見ではかゆくなってかいた場所にはえてくるという人もいました。
 
 
実際その人もよくかいていた場所に白髪がはえていて、それに気づきかくのをやめたらいつのまにか白髪はなくなっていました。
 
 
しかし本当の理由はほかにありました。
 
 
 
 

1.はえる原因とはえる意味

 
 
 
まずは白髪がはえる原因を書いていきます。
 
 
そもそも白髪とは主に紫外線が関係しています。
 
 
紫外線にあたっていると「メラニン色素」というものが色を生成するのですが、紫外線にあたらなくなるとそのメラニン色素の働きが薄れていきます。
 
 
メラニン色素があるので髪は黒くはえてくるのです。
 
 
厳密にいうと、メラニン色素が紫外線を吸収して頭を守るために色が必要になるのです
 
 
それが紫外線を吸収しやすい黒色なのです。
 
 
なので赤道に近い国々の人は紫外線が強いので色素も強く髪も真っ黒くなるのです。
 
 
逆に北欧など北のほうの国の人たちは髪の色が黒ではなく、金髪だったりしますよね。
 
 
これは紫外線が弱いのでメラニン色素の働きが薄いからなのです。
 
 
子供のころは学校に徒歩や自転車で通ったり、体育の授業があったり部活があったりとなにかと外にいる時間が大人より多いですよね。
 
 
なのでメラニン色素が強く働くので学生で白髪がはえている人ってあまり見ないですよね。
 
 
髪の黒い色も濃く、はっきりしている感じがしませんか?
 
 
そういうことです。
 
 
大人は職種にもよりますが出勤したらほとんど外にでず建物の中にいますよね。
 
 
休日も若者にくらべ外に出ることが減ると思います。
 
 
なので大人は白髪が増えてきてしまうのです。
 
 
高齢者に関しては、外にでていてもメラニン色素が色を生成する機能が衰えてきますので話しは別ですが。
 
 
 
つぎに白髪がはえる場所の意味を書いていきます。
 
 
白髪がはえる意味ですが、主に体調不良が関係しているっぽいです。
 
 
頭頂部
 
 
胃の調子がわるかったり、胃の病気の可能性を示している。
 
 
前頭部
 
 
便秘や痔など肛門の調子がわるいことを示しています。
 
 
後頭部
 
 
生殖器関連です。
 
 
女性なら生理の乱れや不妊など、男女問わず精力が弱まっていたり。
 
 
などなど警告として白髪であらわしてくれているんです。
 
 
しかし白髪がはえたら必ず上記のようなことが体で起こっているというわけではありません。
 
 
そして実際には最初にはなしたストレスやかいてしまうことも白髪がはえる理由としてあるそうです。
 
 
なのでなぜ自分は白髪がはえているのか気になっても確信的な根拠をみつけるのは難しそうですね。
 
 
 
 

2.白髪をはえにくくするには

 
 
白髪の予防としてまず、しっかりと睡眠をとることが大事だといわれています。
 
 
メラニン色素の働きが弱まると、白髪の原因となります。
 
 
睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。
 
 
その成長ホルモンが重要となってきます。
 
 
成長ホルモンがメラニン色素の機能低下を阻止してくれるのです。
 
 
そして頭も体もリラックスさせることが大事で、ストレスをため込ませてはいけません。
 
 
睡眠不足もストレスの原因となります。
 
 
なので睡眠不足とストレスが重なるので白髪の原因としてダブルパンチですね。
 
 
そして頭皮をマッサージするのも効果的です。
 
 
マッサージをすると頭の血流がよくなりますよね。
 
 
そうするとメラニン色素の働きも活発になります。
 
 
血流がとどこおっているとメラニン色素の力がじゅうぶんに発揮されません。
 
 
そうなると白髪の原因になりますね。
 
 
 
 
 
 

白髪を見つけた場合の対処方法

f:id:kingsman0014:20181017180322j:plain

 
白髪をみつけるとどうしても気分はよくありませんよね。
 
 
誰かに見られたくないし、知られたくもない。
 
 
とくに女性の方なんかはそうですよね。
 
 
なので白髪の対処法について書いていきます。
 
 
 
 

1.白髪は抜いてはいけない!

 
 白髪を見つけると恥ずかしさが募り抜いてしまうという人がほとんどだと思います。
 
 
少しくらいなら抜いても大丈夫でしょと思われがちですが、そんなことはありません。
 
 
髪の毛というのは白髪だろうが重要なものなんです。
 
 
髪の毛はなぜはえていると思いますか?
 
 
そうです。頭を守るためですよね。
 
 
白髪といえど頭を守るためにはえてきているのです。
 
 
メラニン色素の働きが弱まっていなくとも髪に対して栄養がちゃんといきわたっていなければ白髪になります。
 
 
それでも頭を守るためにはえてきてくれているのです。
 
 
ですが「だとしても白髪だったら一本くらいいらないわ!」という声が聞こえてきます。
 
 
が、白髪を抜くなというのは頭を守ってくれているからという理由だけではありません。
 
 
もっと大事な理由があるのです。
 
 
それは抜いてしまった毛穴からもう二度と髪がはえてこなくなる可能性が爆発的に高まるからです。
 
 
どういうことかというと髪の毛には毛根、つまり髪の根元に「毛母細胞」というものがあります。
 
 
髪の毛を抜くとその毛母細胞が壊れてしまうときがあります。
 
 
その毛母細胞が壊れてしまうと、二度とその毛穴から髪がはえてこなくなります
 
 
これが白髪を抜くとハゲるという噂の正体なのです。
 
 
ほかにも人は無意識のうちに髪を抜いてしまっていることがあるのです。
 
 
頭を洗っているときや、頭をぶつけたりしたときなど。
 
 
それと同時にただ髪がはえてこなくなったりもします。
 
 
歳を重ねて細胞が死んで働かなくなってしまったりとかね。
 
 
そうするといつのまにか髪がなくなって気づいたらハゲてしまっているということが起こります。
 
 
将来を考えるのなら白髪を見つけても抜くのはやめておきましょう
 
 
 
 

2.最適な対処方法

 
 
白髪を抜いてはいけないというのならどうすればいいの?
 
 
こんな疑問が出てきますが答えは簡単です。
 
 
方法は2種類あり、白髪をできるだけ根元で切るか、髪を染めるということです。
 
 
白髪は切る分には毛母細胞が壊れることはないのではえてこなくなるということはありません。
 
 
しかし一人では難しいと思いますので誰かに協力してもらう必要がありますね。
 
 
それがめんどくさいかたは白髪染めをしましょう。
 
 
と、いいたいところですが髪を染めると白髪が増えやすいのです。
 
 
とくに白髪用のモノは白髪に色をしっかり浸透させるためにどの染め粉にも入っているアルカリ剤の濃度が通常の染め粉より濃いのです。
 
 
そのアルカリ剤というのは髪や頭皮への負担がとても大きいのです
 
 
なので白髪に対して最適な対処方法としては、切ることですね!
 
 
 
 
 
 

まとめ

f:id:kingsman0014:20181017180437j:plain

 
白髪で悩んでいる人はわりと多いような気がします。
 
 
とくに若い世代ではえている人や女性など。
 
 
そんな人たちへこの記事は参考になりましたでしょうか?
 
 
なにごとにも間違った対処はしていけません。
 
 
白髪は決して抜いてはいけません。
 
 
染めてしまうのもあまり望ましくないですね。
 
 
じゅうぶんな睡眠をとったりマッサージをするなどしてストレスをため込まないようにすれば白髪はなくなります。
 
 
なのでめんどくさいかもしれませんが抜く気持ちをおさえて、切ることを心がけましょう!
 
 
参考になれば幸いです。