マーシャルの思考

日々の気づいたこと、気になったこと、体験したことなどライフスタイルを書いてるよ♪

【多動力】今の時代を生き抜くための必須スキル

f:id:kingsman0014:20190203160441j:plain
やぁ、マーシャル( @ Marshall_0014)だ。

 

 

本日の曲はこれだ!ぜひチェックしてくれ♪

The Real Slim Shady

The Real Slim Shady

  • provided courtesy of iTunes

 

 

あなたには何ができる?

 

 

できることはいくつある?

 

 

おそらく余裕で片手におさまる数だろう。

いろんなことができる人は少ない。

 

 

むしろ1つしかないという人が大半だろう。

趣味でスポーツをやっていたり、読書をしていればその分、数は増えるがそれをただの趣味で終わらせてしまっている人が多い。

 

 

そこからもっと広げてやれることをやっていければ人生は今の数倍、数十倍は充実する。

やいたいことを同時にいくつも動かす。これが今の時代最も必要な必須スキル「多動力」だ。

 

 

今日はその多動力の本を紹介していきたいと思う。

 

 

ワクワクすることをやる

 

この本の著者、堀江貴文は常にワクワクすることだけをやってきたという。

つまり、自分が楽しめることだ。

 

僕の場合、仕事と遊びの境界線など関係なく、ワクワクすることに次から次へと飛びついていった結果、無数のワラジを同時に履く生き方になっていた。

 

堀江貴文-多動力

 

仕事、遊びと割り切らずただワクワクすること、好きなことをひたすらやりこむ。これだけでもうあなたは、多動力のスキルを身に着けることができる。

 

 

常に全力はよくない

 

よく、「何事も全力あるのみ」みたいな言葉を聞きますが、堀江流は違っていた。

 

常に全力で走っているサッカー選手は二流である。試合開始から全力を出し続けていては、肝心のチャンスで100%の力を発揮することはできない。

 

堀江貴文-多動力

 

確かにこれには納得ができる。我々一般人はとりあえずがむしゃらに動いていこうとするが、だから上手くいかないことが多いのかもしれない。

 

 

自分の時間だけに集中する

 

ほとんどの人は自分をメインに生きていない。

他人がメインで自分がサブになっているのだ。

 

誰とでも無難に付き合い、心にもないお世辞を言ったり、愛想を振りまいて生きているうちに人生なんて終わってしまう。自分がやりたいことを次から次に実現したいならば「自分の時間」を奪う人間と付き合ってはいけない。

 

堀江貴文-多動力

 

会社員の人、つまり日本のほとんどの人に当てはまる事だろう。

あなたの時間は常に他人に奪われている。

やりたいことは本当にそれなのか、今一度よく考えてみよう。

 

 

世間体なんて気にするな

 

こうはいってもどうしても気になってしまうのが人間だ。

しかしそれを気にしているようじゃあなたは自分の夢や目標を実現できない。

 

外野の雑音なんて気にせず、君は飄々(ひょうひょう)と我が道を進めばいいのだ。

 

堀江貴文-多動力

 

これまで存在していなかったもの、新しく作り出そうとしているものを人間は否定する。

「そんなの無理だ」「どうせ失敗に終わる」このように夢のない言葉を浴びせてくる。

しかしそんな雑音は無視して、自分のやりたいことを一心不乱に進めていけばいいのだ。

 

 

未来や過去ではない。今だ

 

過去の栄光、過去の過ち、将来の夢、老後の生活。

これらを考えるのは無駄である。

 

今生きている時間、この瞬間を楽しまず、ただ歯を食いしばって努力したところで、思うような成果なんて得られない。

 

堀江貴文-多動力

 

常に今を楽しむべきだと言っている堀江貴文。その結果、毎日があんなに充実している。

人生はいつだって今の連続でできている。なによりも最優先に今を楽しむべきである。

嫌な事や辛いことは今すぐに辞めよう。

 

 

 

おわりに

 

この記事では多動力に書かれていることを一部抜粋して書きました。

他にもまだまだもっと多動力スキルが身につくようなことが書いてある。

 

 

必須と言ったが、別に多動力スキルを身につけなければいけないわけじゃない。

しかしこの本を通して、自分のやりたい事だけに没頭できるような、そんな素晴らしい人生に多くの人が巡りあえるようにと、今回この記事を書いた。

 

 

もちろん読むだけじゃ意味がない。

読んだらすぐに行動に移そう。

 

 

最初は大変かもしれない。

だけどそんなこと忘れるくらい、楽しい人生が送れるようになるよ。